アクセス数がかなり上がっています。

人気ブログランキング
↑ ↑ クリックにご協力下さい。

先日、横浜銀行の担当者に最近の融資状況について聞きました。

山内「サラリーマン投資家の融資って最近はどうですか?」

担当者「うーん」

何となくその第一声でわかります。

山内「1億くらいのアパートなんですけど」

担当者「個人の方は本部の稟議が通りづらいですからね」

山内「物件の評価は相変わらず積算評価ですか?」

担当者「そうですね」

山内「じゃ、首都圏だとほとんど評価出ないですよね」

担当者「そうですね、ただ土地を持っていてそこにアパート建てるならできますけどね」

って、まさか赤の銀行や青の銀行のようなお決まり返事がかえってくるとは。

そんな案件だったらどこでもやるよ・・・
とはもちろん言えず。

ただし、既に付き合いのある方や実績のある方は、別枠で融資してくれる可能性もあるので、ダメもとで個別に相談してもらったらいいと思います

ついでに、金利は固定2年で2%前後、固定5年で2〜2.5%、変動はもう少し高くなるようです。

新築アパートで耐火・準耐火であれば30年の融資も組めるとの事。

それ以外は耐用年数で計算してもらえばいいと思います。

何となく都市銀行や地方銀行の金利って安いイメージがありますが、今となってみれば、O銀行さんの融資条件ってそれ以上かもしれませんね。

やっぱり欲が出てきます
人気ブログランキング
↑ ↑ クリックにご協力下さい。