人気ブログランキング
↑ ↑ ありがとうございます。

半沢直樹にはまってます。

あのドラマの面白さって、上司に立ち向かう主人公の真っ直ぐな姿勢、そして、何よりもあのスピード感だと思います。

昔のような好景気じゃなく、今の社会だからこそ受け入れられるのかなと。

日々生きていくなかで、スピード感があるというのは飽きが来ないです。

 特に営業マンであればあるだけ、強弱のないドラマより、ハラハラさせられる刺激を求めるものです。

ただ、不動産投資の世界では全くの逆。安定こそ面白い。時間をかけて資産を積み上げて行き、ふと振り返った時に、やってて良かったなと。

あんな書籍やこんな書籍に書かれている、
「夢の高速」的世界はリスクが高すぎるのです。

スピードがあるのは、一見魅力的ではありますが、それだけリスクを伴うというのが、投資の常識。

もちろんうまく運用できれば儲かりますが、それはもう投資というより単なるギャンブルにしか過ぎない。

失敗すれば破産したらいい!って、そんな書籍もあるくらい、もう僕には理解不能です。

将来の安定収入を求めたはずが、いつしかボタンをかけ違い、なぜか家族と共にギャンブル旅行に出掛けてしまう、よくある話です。

とにかく、投資とギャンブルがごっちゃになっては行けないのです。

不動産投資なんて、そんな急激に儲かるものじゃないんです。でも、だからこそ私達が背負えるリスクで運用できる商品、それがオススメする堅実な不動産投資です。

人気ブログランキング
↑ ↑ クリックお願いします!