人気ブログランキング
↑ ↑ クリックお願いします!

先日、自宅マンションの理事会がありました。

ゴミ出しの件等細かな問題は絶えませんが、今回のメインとなる議題は修繕積立金について。

4年くらい前に大規模修繕は終わっていて管理状態は決して悪くはないのですが、とにかく将来を見据えた総積立金が不足しているのです。

僕が物件を購入した7年前に総会で意見はしたのですが、当時はどうも皆さん聞く耳がなく軽く流されてしまいました。

ただ、今は理事長もやってますので、ガッツリ意見を言わせてもらおうかと。

管理会社から、現況の修繕積立金を1.1倍に増やした場合のシミュレーションの提案がありましたが、そんな微々たる金額でまかなえるわけもなく。

仮に毎月の積立金が戸あたり1万円であれば、1000円アップしただけですので、どうもその対応を見ていて生ぬるいなと感じるわけです。

将来の最低必要積立額から逆算して結局どのくらいの負担が必要になはのか、その元でどこまで皆さんの理解が得られるのか。

ま、個人的には今のマンションに次の大規模修繕時にはまず住んでいないと思うので、それこそ現状維持が望ましいのですが、そこはやっぱりこういう仕事をしてるわけでもあり、健全な方向へと導きたい気持ちが強いのです。

そして、今後も住み続ける所有者や将来相続を受けるであろうその家族、また地域住民やその界隈の価値を下げないためにも、早めに手を打っておく必要があるのです。


と、このような話を理事会ですると、反対する方はひとりもいませんし、逆にこれまで放ったらかしにしていたことを深く反省されていました。

とりあえず方向性は固まりましたので、来年2月の総会でまとめたいと思います。


とま、こんな事をしていると普段から色々と頼って頂けるのは有難いのですが・・・管理会社の皆さん、さすがに郵便物送って来過ぎじゃない?

a

理事長はつらいよ。

  人気ブログランキング
↑ ↑ クリックお願いします!