1月に開催した東京でのセミナー

人気ブログランキング

↑ ↑ クリックお願いします!

「今儲かるアパート投資のカラクリと今知っておく高値で売るための出口戦略」を、大阪・名古屋でも開催します。

お陰様で既に多くの皆様からお申込みを頂いておりますが、久しぶりに懇親会も行う予定ですので、よろしければご参加下さい。

2月20日(土)大阪開催 

3月12日(土)名古屋開催

翌日は共に5組限定で個別相談会も開催します。また名古屋の個別相談は「CFネッツ名古屋支社」で行います。


さて、先日のブログで大型の案件が増えているという話をしましたが、そのせいで物件を買える方が少し減っているように感じられます。

う〜ん、何とかならないのか・・・そこで、数か月前事前打診を行ったオーナーさんについて、ダメもとで銀行に連絡を入れました。

山内「以前、相談した〇〇さんですが7000万の融資枠ってもう少し伸びないですかね?」

銀行マン「え、そんなこと言いましたっけ〜?」

山内「はい、ちゃんとメモしてますので」

銀行マン「まさか、もっといけますよ〜」

山内「え、どのくらいですか?」

銀行マン「ま、1億くらいですかね」


げっ、この数か月で3000万も融資枠伸びてる・・・


山内「ついでに価格の何%くらいまで融資できそうですか?」

銀行マン「97〜98%まで頑張れますかね」

てか、それほぼほぼフルローンやし・・・。

例えば、物件価格1億であれば、諸経費が900万。融資額9800万で自己資金は1100万で買える計算です。

以前のように9割融資であれば約2000万必要ですからね、買いやすさが全然違います。


最近の積極的な融資姿勢を見ていると、何となくもう少し行けるんじゃないかと思いダメもとで聞いてみましたが、ずばり的中。

ま、もともとの融資枠7000万というのは固く見ていたという話しでしたので、実際には3000万も伸びてないのでしょうけど、やっぱり前向き感は伝わってきますね。

これで狙える価格帯が大きく広がりました。


ブログランキング5位の壁は厚いです。かなりイイところまで来ていますので、またクリックにご協力お願いします。

人気ブログランキング
↑ ↑ クリックお願いします! 




価格上昇局面での不動産投資、

「オリンピックが終わるまで物件購入は控えた方がいいのでしょうか?」
またこの情勢だからこそ
「所有物件の売却を考えた方がいいのでしょうか?」
随分このような相談を受ける機会が増えてきました。
実際に表に出回っているような物件では利回りが低く、融資を組んだところで到底収支が合いそうにもありません。しかし、そんな中、私たちの現場では多くの投資家さんに一棟アパートを購入頂いており、まだまだレバレッジを意識した不動産投資が可能です。
一体、最前線の現場ではどのような情報が飛び交い、どのような物件を購入すれば投資として見合うのか、また儲かるのでしょうか。そして、現在所有している投資物件はこの情勢で出口を取り、儲けを確定すべきでしょうか。もしそうだとすれば、どのような売却知識が必要となり、それまでに準備すべきはどのような事柄になるのでしょうか。ほんの少しのポイントを意識して取り組むだけで今ならかなり有利な展開に持ち込むことが可能です。
このセミナーでは、私たちが取り扱う物件の「利回り」と「ファイナンスコスト」から、今お勧めしたいアパート投資、そして売却するための基礎と応用についてお伝えいたします。去年実際に取り扱った投資利回りから見えてくるアパートの適正価格や、仕入の裏側。また、構造別に見た物件の特徴、価格上昇局面だからこそ失敗しないためのアパート投資の考え方、高値で売るために抑えておくべき売却知識などなど。
自身も一棟アパートや区分マンションを所有運営し、資産の組み換えも行ってきた投資家でもある山内が、現場での経験と実績からお伝えする今回のセミナー。このタイミングでこそぜひお聞き頂きたい内容となっています。皆様のご参加お待ちしております。

人気ブログランキング
↑ ↑ クリックお願いします!