昨日の名古屋セミナー、ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

あ
↑ ↑ クリックお願いします! 

あ

めずらしく晴れましたね、やっぱり雨男ではなかったなと。きっといつもご参加頂いている女性オーナーさんが今回不参加だったので晴れたんですかね?笑。

そして、終わってからの懇親会。わざわざ和歌山から参加したというお客さん、4時間もかけて来て頂いたようで・・・本当にありがとうございます。

どうやってこのセミナーを知ったのか聞いてみると、ブログランキングから私のブログにたどり着き、それがきっかけだったようです。

順位があがるとそういう効果があるもんです、頑張らないと・・・。

懇親会も盛り上がりましたが、やっぱりたまにはこういうオーナーさんと交流できる機会を設けないとですね。

これまで名古屋の皆さんにも何年も前から物件紹介やコンサルティングを行い提案してきましたが、やっぱり間違ってなかったなと再確認、投資家さんの話を聞きつつシミジミ感じることができました。

そして、4月3日(日)は名古屋支社オープン記念セミナー、倉橋と中元の2部セミナーですので、皆様そちらもよろしければぜひご参加ください。

さらに、4月9日(土)は第3回関西オーナーの会、限定20名様の懇親会で、年に1回のイベントです。

いつも好評なのが、参加オーナーのこれまでの投資経験談。かなり貴重な話も聞けますので、お気軽にご参加頂ければと思います。

関西オーナーの会と言っても、関西圏以外のオーナーさんも大歓迎ですよ。当日の参加スタッフは、私・剱持・曽我部・北村・山口です。


さて、話しは変わりますが、最近は特にマイナス金利の影響について問い合わせを頂きます。

そこで、以下のようなマイナス金利に関する意識調査結果があります。

マイナス金利導入後の資産運用法については、「投資型」を志向する回答が68.3%、マイナス金利導入で「資産運用先を変更した、変更を検討中」の回答が49.5%。

また、「リスクが低いと思う資産運用先」について、「個人向け国債」23.7%が1位、「不動産投資」「株式投資」23.5%が僅差で2位だったようです。

しかし、驚きなのがここから。

20歳代限定だと、「リスクが低いと思う資産運用先」について、「不動産投資」が27%でトップだったようです!

セミナー参加者も以前に比べれば、年齢層がかなり若くなりましたが、まさか20代が不動産投資を選ぶだなんて・・・。

それだけ将来不安を感じているということでしょうか。

また、リスクが低いと思う資産運用先に不動産投資を選んだ理由としては、「安定した利益が見込める」「景気や為替の変動に影響されにくい」だそうです。

と言う事は、皆さんその歳にして既に不動産投資を経験しているという事ですね。

僕が20代の頃なんてそんなこと考えもしませんでしたが、だいぶ不動産投資に対する抵抗そのものが少なくなっている結果だと思います。

若い時から時間をかけて不動産投資を行えば、それだけ無理のないリスクで安定収益を上げやすくなりますから、やっぱり早いに越したことないわけです。

ただ、年齢が若いと年収等、融資クリアしづらいのも現実としてありますが。


ここに来てやっと日本も変わりつつあるのかなと。良い傾向ですね。

ま、それはそれでライバルが増えちゃいますけど・・・。


こちらにもライバルが・・・
あ
↑ ↑ クリックお願いします!