今日は休みですが、自宅にこもって勉強です。

あ
↑ ↑ クリックお願いします! 

鎌倉の事務所では定期的にみんなでユーチューブ撮影を行っています。

みんなが見ている前であえてひとりずつ順番に撮影していくのです。

緊張感があっていいかなと思いますし、新人は今後セミナーで話すときの練習にもなります。

あ

ま、この写真を見る限りは全然緊張感ありませんが・・・う〜ん厳しさが足りないか。

左から、現在鎌倉でAM研修中の山口さん(4月から大阪支社勤務)、皆さんご存知のさとし君(剱持)、3月から鎌倉のAMに移った丸本君、4月からPM配属予定?企画の鈴木君。

鎌倉のAMは私とさとし君・山口さん・丸本君の4人で動いています。

意外と知られていないのが、この丸本君。若いんですがなかなか頭がいいみたい・・・

というのも、一昨年に宅建を取得したのですが、同じタイミングでマンション管理士・管理業務主任者・FP2級も合格したという強者。

宅建を勉強した時に、「どうせ受けるのなら他も一緒に取った方がいいかな〜」というこで受けたらしいのですが、どんだけ余裕なの・・・普通そんな軽い感じにならないでしょ 汗。

僕なんか宅建取るだけでいっぱいいっぱいでした。

さらに、マンション管理士の合格率は8%!ですからね。難易度もなかなかのもんです。

この会社にいると色んなスタッフがいて、みんなそれぞれで努力をしていますから、こうして勉強することが普通になります。

宅建しか持っていないと肩身狭い?みたいな感覚になりますので必死にやるんですね、好循環です。

正直、色々受けだすと、これ必要なの?みたいな資格もあったりしますが、勉強を癖付けることは大事かなと思いますし、なんやかんやと引き出しも増えます。

ただし僕自身これまで感じたのは、今の自分のレベルにあった資格を取得することかなと。ま、僕らの業界でいうと宅建なんかは絶対に取った方がいいですけどね。

うちの会社でいうとCPM(米国公認不動産経営管理士)なんかが本当にそうで、それを受ける前にまずは実務で学ぶことっていっぱいあるよなって感じるわけです。

受けたい、学びたいという気持ちはとても大事な事ですが、いかに現場で活かせるか。机上の空論だと意味がないですからね。

今だから言えますけど、僕も正直CPMはもう少し後に受けた方がよかったかなって思ったりもしてました。その方がもっと吸収できたように感じます。

最近、新しい資格を取得しないのは、もう色々と取ってきたというのもありますが、現場で経験することの方がやっぱり得ることが多いし、成長に繋がるから。

そっちの方に時間を費やした方が今の自分にとってはいいかなと。


あ、話は変わるのですが、先日「ビリギャル」っていう映画を見ました。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した実話。

これね、ここ最近見た映画ではピカイチですよ。

ま、映画ってその時の自分の感情によって良い悪いが左右されると思うので、皆さんがどう感じるかわかりませんが。

自分も余計な事考えずに真っ直ぐ頑張ろう、もっと勉強しようって気にさせてくれました。

だから今日は天気が良くても自宅で勉強なんです、はい超単純で影響されやすい・・・汗。


オーナーさんクリックお願いします!
あ