昨日のドラマ「家売るオンナ」

不動産屋は水曜休みが多いというTV局の思惑通り?しっかり見てしまいました。

あ

やっぱり世間に対する不動産屋のイメージって相当悪いんだなと。

ガムテープで体と椅子を巻きつけて顧客に電話をかけさす。また、アポイントを取るまで部下の自宅カギを取り上げる。

さすがにカギを取り上げるのはまずいでしょ。

ただし、車は裏道を通って物件まで行くなんてところは、不動産屋あるあるだったりしますので、そうそう!なんて場面もありつつ。

今回の「私に売れない家はない」というキャッチフレーズ。

自宅は自己満足の世界が強く、お客さんに気に入ってもらうことがメインかもしれませんが・・・

それよりも「私に売れないアパートはない」 そう、「アパートを売るオンナ」という内容であれば、もっと視聴率が取れたかも。

年金不安から不動産投資に興味を持ちだしたサラリーマン大家さんに、とにかくアパートを売りまくるという内容。

部下には、東京駅で「名刺を交換してください」という営業からスタートさせ、他社のセミナー会場外でお客さんを待ち受けて物件を売ろうとする。

また、手と受話器をガムテープでグルグル巻きにして、大手企業に電話をかけさせる。

そう、アパートが駄目なら新築ワンルームマンションを節税対策という売り文句でトップ営業マンに上り詰めるまでの物語。

なんだかドキドキします。

う〜ん、でもこれって未だに本当にある話し・・・特に名刺交換とセミナー会場外での営業は自分も実際に勧誘された経験があり・・・。

こんなことがあるから不動産屋のイメージって悪くなります。コツコツ真面目にやってる会社もあるんですけどね・・・。

クリックお願いします!
あ