先日の火曜日は朝から新宿で決済。

あ

同じ物件が2つとしてないのが不動産、さらには売主さん買主さん、仲介業者、銀行さん。家を売るオンナじゃないですが、そこには色んなドラマがあったりします。

今回決済した物件は元々数年前に買って頂いたアパートで、訳あっての売却。それを弊社のオーナーさんに購入してもらったという事です。

不動産投資の場合、数年でそんな売り買いをするというのもめずらしいのですが、僕自身も思い入れのある物件だけに色々と感じることも多かったのです。

ま、今回はそのまま管理も継続しますので、今後も変わらずこのアパート(我が子の成長?)を見守っていけるのは嬉しく思います。

さて、不動産コンサルティングの仕事というのは、数々の提案もそうですが、両者の間に入って話をまとめる事が多く、先程の話、同じケースというのはひとつもありません。

中には釣り糸のように絡まりまくっている事もあって、釣りならば迷わずハサミでチョッキンなのですが、もちろんそんな選択肢はあり得ないわけです。

先日も銀行マンから、今こんなクレームになっててね、なんて話しを聞いたのですが、それって仲介業者が単に仲介の仕事を出来てなくて、普通そんなこと絶対にあり得ないよなーという極めてめずらしい事例。

なので、銀行側としてはなーんにも悪くなく、完璧にトラブルに巻き込まれていたわけです。

ただ、それでも解決できる方法を考えて考えて、逃げずにやるしかないのです。そして最後には悪くもない銀行さんが謝ることになるかもなのです。

いやー銀行マンってほんとストレスの溜まる大変な仕事ですよ。

そんな理不尽なことにも負けず、経験勉強と思い進んでいかないとですね。

 クリックお願いします!
あ