あ

面白そうなアパートの仕入れができると、賃料査定を弊社のリーシングスタッフに依頼します。

自分で調べるよりも何よりも、とにかく最前線の現場でやっているスタッフに聞くのが一番。

特に自社内でのヒアリングという事で、ぶっちゃけトークが聞けるわけです。

「最近、このエリアは人気がなくなってるよ〜」「設備をこうした方がいいですね」「募集条件をこう変えたらこの賃料で決まるよ」等々・・・

これが他社だと、募集や管理を取りたいだけに、どうしてもいいことばかりを言ったり、査定賃料が甘かったりということが実際にあるのです。

そして、こうしたチェックのもとクリアできそうであれば現地確認へ。

とにかく答えは現場にある!です。

ついでにこれが最近見た新築アパート

a


あ

例えば、このロフト階段。

最近はこうしたタイプを見かけるようになりましたが、室内の間口によっては、場所を取るため、あえて避けることもあるのです。

今回の物件は間口も広かったので、階段ロフトでもなかなかといいプランが入ってました。

あとは、自分ならこうするかなと感じることもあったので、こうした経験がまた次に生かせるかなと。

そして、数日前に仕入れた水面下情報、新築アパートで利回り8%!

・・・今、東京や横浜で8%くらい取れると言うのは、残念ながら何か理由があるものですね。

それなら表面7%でいいので、安定運営できる物件企画を行いたいものです。

結局、その方が借主の居住期間が長く空室リスクも低いので、表面利回りが低くても実質の利回りが高くなることはとても多いのです。

さ、仕入れ仕入れ。

クリックお願いします!
あ