昨日の電車内・・・

あ  

目の前に座る20代の超チャラいお兄ちゃんが、何やら真剣に本を読んで、ピンク色のマーカーを持って必死にチェックを入れているのです。

「チャラいお兄ちゃん」➕「本にマーカー」このミスマッチがやけに気になりまして・・・一体どんな書籍に興味を持っているのだろうか、と。

目を細め細めジーッと見ていると、

何とそこには!

「宅建試験」

おー、このお兄ちゃん宅建の勉強してるのね、とその瞬間から急に距離が近く感じて、そこからは完全に応援モード。宅建の試験を受ける社内のスタッフを見守る感じ。

しかし、あのチャラさで見ると、これからこの業界に入ろうと考えているのか、それとも賃貸屋であれば、駅前店舗にいそうな気もする。

頑張って受かってよー、と思いつつも、今年の試験は10月15日。はい、あと1か月を切っています。

このタイミングで本にマーカーを付けているようでは、かなり勉強が遅れているのではないかと。

去年の合格率で15%、しっかりと勉強すれば受かる試験ではありますが、決して甘くもないわけです。

試験1か月前であれば、10年分の過去問を必死に解いているようなレベルでないとやはり難しいと思います。

この業界にいると誰もが通る道、うちのスタッフも今年は数人が受験しますが、仕事をしながらの勉強は本当に大変です。

しかしながら、弊社の場合、「宅建を持っていないのは無免許運転と同じ!」と言われるくらい扱いが厳しく(ま、その分、学校に通う費用は出してもらえますが)、その甲斐あってか営業部門はほとんどのスタッフが取得しています。

今の時代、宅建なんて持ってて当たり前のレベルにならないと、世間体が見るこの業界の信用力はいつまで経っても上がらないと思います。

そういう意味でも、あーいう若い人に頑張って取得してもらいたいなと感じるのです。

そして、今日の通勤中、電車のホームでMUTOHの製図板を待つ若者がチラホラ、みんな頑張ってます。

2度と受けたくない建築士の製図・・・5時間試験。

さて、仕事仕事。

ブログランキング、一度更新をさぼると上がるまでに時間がかかります。
クリックにご協力お願いします
あ