最近はシェアハウス関連のニュースが多く取り上げられていましたが、融資をした銀行にも問題があるなんて言われています。

あ    

売主業者と銀行担当者が結託して・・・なんて話しを聞きますね。

ま、確かにね〜と感じる部分も正直ありつつ、でも決してすべての銀行マンがそうではないということ。

融資を付けるのだけが銀行マンの仕事ではなく、不動産投資の見方や考え方を勉強して、自身でも収益物件を買い引き出しを増やす。

そんな経験から銀行としての目線も入れたコンサルティングを行い、売って終わりの不動産業者とは比較にならないほど真摯に取り組んでいる銀行マンもいるのです。

きっとそのようなスタンスだと、瞬間的に銀行マンとしての成績がよくなるようなことはないのかもしれない。

しかしながら、長期間ぶれずに取り組めば取り組んだ分だけ、ジワジワとそれが数字に繋がることはもちろん、近い将来は多くのクライアントや仲間がその人を支えることは間違いありません。

周囲の倫理観ないスタンスに自身のモチベーションも下がったり、何かと悩みも多いかと思いますが、ずっと変わらずそのままの姿勢で頑張ってほしいと思います。

クリックにご協力お願いします
あ