例えば今、自己資金が2000万あったとます。
それを使って自宅のローンが完済できるとしたら、どうしますか?

あ 

日本の教育としては、もちろん「借金なんて返しましょう」が答えかもしれません。

でも、それじゃ資産など増えないのです。

借金を完済する=自己資金の運用であり、その自己資金の投資効率を常に考え、意識しないといけません。

住宅ローンの場合、低金利で借りる事ができるので、これを完済したからと言っても投資効率はとても悪いのです。

であれば、その2000万の現金を他で運用した方が資産形成はしやすくなります。

昔は生活していけるだけの年金支給があったので、そんな運用なんて考える必要はなかったかと思います。

徹底的にリスクは排除する、それが最優先であり、借金は悪に繋がったはずです。だからお金の知識なんて必要なかったのです。

しかし時代は変わりました。

これからは全てが自己責任、年金なんてものに期待ができるはずもなく、自分の身は自分で守っていかないといけません。

将来の安定収入が必要不可欠であり、老後難民て言葉もあるくらい、決してこれは他人事ではなく、その時は着実に迫ってきています。

自分は大丈夫、自分には関係のないこと、ではなく私たちは日々歳を重ねているのです。もっと危機感を持たないといけません。

以前、あるお客さんが同じように自己資金の運用について迷っていました。

知り合いに相談すると、皆声を揃えるかのように決まって自宅のローン返済を勧めてきます。

しかし、どうも納得できなかったそのお客さんは、パソコンで色々と調べ始めました。

ふとそんな時、たまたまお金の運用について話をしていた私のユーチューブを見て、これだ!と思い問い合わせをしてくれたのです。

早速、来社頂き個別相談を受けてもらいました。

もちろん自宅のローン返済など勧めるはずもなく、そこからコツコツ不動産投資を始め、安定収入を確保してもらったのです。

それから今年で5年が経ちました。全てが順調に進んでいるように思えたのですが・・・

残念なことにそのオーナーさんに癌が見つかりました。そして今は高額な治療費を支払って病と闘っていらっしゃいます。

もしあの時、自宅のローンを完済していたら今頃どうなっていたのでしょう。

「不動産投資をしてきたからこそ、高額な治療費も支払っていけるよ」と、オーナーさんにはとても感謝して頂いています。

ファイナンシャルリテラシー、少しでも早くお金の知識に触れ、学校の授業以上にまずはこれを勉強すべきだと思います。

若ければ若いだけ資産形成がしやすく、投資リスクを下げることができるのです。

「不動産とお金の話し」倉橋のセミナーが開催されます。まずはこのような話しから聞いてもらうのがいいかもしれません。

あ

2月4日(日)東京(満席につき立ち見になります)
4月7日(土)大阪
4月15日(土)名古屋

できればお子さんも一緒にお越しください。

どうもブログランキングの順位が上がりません。読んだときはぜひクリックにご協力ください。
 
あ