人気の東急東横線、これまで多くのワンルームマンションを売買してきました。

あ     

渋谷駅、代官山駅、中目黒駅、祐天寺駅、学芸大学駅・・・

そんな中で、唯一取引をした事のないのが多摩川駅。
なので一度も行ったことがありません。

各駅停車でありながらも、あの田園調布駅の隣駅、また武蔵小杉駅から二駅。

蒲蒲線が通ることになれば、間違いなく注目されるエリアだと思うのです。

なので、これだけの立地であったとしても、今から買えることができればキャピタルの可能性はかなり高いんじゃないかと感じているのです。

そして、この定休日に初めて行くことができました。

あ

降りてみると駅前は東横線らしい落ち着いた雰囲気。

いつも取り扱っているような中古のワンルームマンションを探しますが、東側は公園、西側は川と古墳でそれ以外は田園調布を感じる閑静な住宅地。

私たちがいつも売買している一棟マンションなどどこにも見当たらないのです。

少し歩いてみても、お洒落な建物と豪邸ばかり。ざっとこんな感じです。

a


a


a


a

a

豪邸を見るとなんだかテンションが上がります。
セコム加入率は90%超え。

そして、15分ほど歩いて見えてきたのは・・・

a

田園調布駅、お洒落ですね。

今回、こうして実際に歩いてみて、売りに出ない理由はよくわかりましたが、じっくり街を感じるというのは楽しいもんです。

投資エリアを探索しつつ、その裏で終の棲家を探しています。

ぜひこちらをクリックお願いします。
あ