あ

先日のブログで書いていた融資取引停止の業者さんについて。日経や楽街にも掲載されましたね。

蝪圍腺圍釘劭奸旧インベスターズクラウドと言った方がわかりやすいでしょうか。

やはり預金残高の改ざんでしたね。

以前からかなりイケイケだとの噂は聞いてましたが、大々的に出ちゃいました。

「あそこなら自己資金なしでも買えるよ」なんて以前投資家さんから聞いたこともありましたが、会社の信用力によって融資額が伸びたのではなく、単なる改ざんだったということです。

「預金20万の投資家さんに1億超えのアパートを勧める」

もしその自己資金で仮に銀行が融資をすると言っても、僕なら絶対に止めます。だってリスクが高過ぎるから。

不動産投資は買って終わりではなく、買ってからがスタート。

そこから事業が始まるということを、今回の投資家さんはわかってないと思います。

もし本当にこの投資家さんが預金20万しかなくて1億の投資をしようと思ったのであれば、その感覚を疑います。

買おうとしたアパートがどのくらいの利回りかわかりませんが、オーバーローンで収支計算すると、年間の手残りなんて本当に少額だと思います。

それを勧める売って終わりの不動産業者とパートナーを組むなどリスクが高過ぎます。

今後、こういう話しはまだまだ出てきそうですね。

9月なのでバナーを変えてみました。
応援のクリックお願いします!