あ

収益物件の売買や賃貸管理など、この仕事が長くなると、5年前や10年前等、新築アパートとして下見をした物件が売り出されるなんてケースはよくあります。

エリアやアパートの企画がイマイチで、当時としては「買ってもらうのに自信持てないなー」なんて見送った訳ですが、「え!?こんな価格で売り出してるよ!」と、この情勢もあってその時より当然価格設定が高いわけです。

少し値付けが強気のような気がしても、仮にそれに近い金額で売れればオーナーさんはかなり儲かります。

と言うことは、結果この投資は正解だったということになるかもしれません。

(新築の段階で見送った物件を中古で買ってしまう投資家さんの未来は?・・・と少々心配もしますが)


インカムで儲けるのか、キャピタルで儲けるのか。

購入物件次第で検討するわけですが、やはり投資家側のリスクを考えるとインカム重視でお勧めするケースがほとんどです。

先の情勢に絶対はありませんので、購入時のキャップレートを見て、それが適性かどうかで投資を判断。
(建て替えや更地売却等で儲かるのであればもちろん要検討)

基本的にはインカムも取れて、結果キャピタルも取れれば理想かなくらいの気持ちです。

特に不動産投資の入口に関して、まずは安定運用を目指し、その後余裕が出て来たら様々な選択肢に挑戦をする方が、トータルの投資リスクを下げることができます。

応援のクリックお願いします!