オーナーさんから、あるセミナー資料をもらいました。

あ

あ

「税理士が語る 資産運用としての新築1R投資の勝算」

なかなかやってくれますね。

見てビックリ、税理士が新築ワンルームマンションを勧めている・・・?

ついにここまで来ましたか〜。

多少ぼかしながら説明をしてはいるのでしょうが、これはやばすぎです。

そもそも新築ワンルーム投資に勝算もなにもあったもんじゃありません。

ガッツリ価格が下がれば勝算はあるかもしれませんが、もちろんそんな話ではありません。

だって、レジュメに載っているのは、価格2885万、年間のキャッシュフローは堂々とマイナス記載。

これでどうやって儲けるのよ・・・。

どれだけの節税になるのか、且つ税理士ならある程度の収支くらいわかってるはずなのに、平気でこれを勧めるとは恐ろしい世界です。

スルガショックから融資付が難しく、一部の不動産業者が新築ワンルームを売るようになっているなんて話を聞いたりします。

「35年後にはローンがなくなるから安定したキャッシュフローを得ることができる!」

なんておもしろ営業トークが流行ってるらしいので、くれぐれも気を付けてください。

え、新築ワンルームマンションが欲しい?
買う前にこの本を読んでみてください。

これが新築ワンルーム投資の答えです。

a

応援のクリックお願いします!