東京で管理しているワンルームマンションを数件見てきました。

a

場所は市ヶ谷。旧耐震ではありますが、管理状態も非常に良くて周辺の環境も抜群。

1階に入っているお洒落な飲食店がまたマンションの雰囲気をよく見せていて、ほんといい物件です。

ワンルームではありますが、家賃は8万円前後。さすが千代田区、築年数よりも立地です。

a

そして神楽坂に移動して、その後、赤坂へ。

変なホテル!?を通り過ぎ、

a

オフィス北野を通り過ぎ、物件へ。

a

日頃、一棟物件を見ることがほとんどなので、たまにこういうのを見て廻るのも面白いものです。


そうそう、先日のミニフィールドワークセミナーで廻った物件。良いリフォームを見るとテンションが上がります。

a

誰が中心になってこのリフォームを行なったのかはあえて言いませんが(また自慢されそうなので)、色々と勉強になりました。

例えば、リフォームに100万かけて、家賃が4千円上がれば、約5%の投資利回りですが、そのエリアのキャップレートが5%であれば、48,000円÷5%=96万の価値の上昇ということになります。
(実際にはネットの収入で計算するのでもう少し下がるでしょうが)

という事は、リフォーム分くらいは資産価値がアップして、且つ投資リスクは下がっているわけですから、数千円の賃料アップと言ってもやる価値は十分にあります。

応援のクリックお願いします!