週末は3日間大阪です。

CPM仲間である業者さん訪問、管理物件下見、ミーティング、セミナーに個別相談会、面接。

  

今日はこれから車を2台出して5件ほど物件を廻ります。大阪市内中心で新築や築浅、築古のアパートなどなど。

価格帯は安ければ築浅でも3000〜4000万の物件もあり、首都圏よりもハードルは低そうな印象。

特に大阪はほとんどが平坦ですので、横浜のような駅から徒歩10分圏内で行ってみたら坂の上・・・だから安いのね、なんてことはまずありません。

問題は賃貸需要と、都心と言っても家賃が安すぎること。

大阪の一等立地だと空室リスクは5%ほどで大丈夫でしょうが、アパートはもう少しエリアが広がるので、その分リスクは高くなります。

そして、居室の広さがある割には家賃が安く、どうしても運営費率が上がってしまいます。

そのうえ、15〜20年築のアパートであれば、今後大きな修繕費用もかかってきますので、それらを回収するのに、この家賃ではどうしても効率が悪いのです。

その辺を考えながら精査すると、なかなか難しいんですね。

今回、物件を廻ってから事務所で総評を行いますが、その時の様子はYouTubeでアップする予定です。

またご覧ください。

クリックお願いします!