コロナウイルスの影響がぽつぽつと・・・

某銀行の面談や金銭消費貸借契約が4月10日までできなくなりました。

面談が終わってから融資本承認となりますので、通常よりもローン特約期日を延ばす必要があります。

そして、金銭消費貸借契約ができなければもちろん決済ができません。

首都圏の感染が拡大すれば、4月10日以降も無理かもしれません。

う〜ん、困ったものです。

そんな中、先日YouTubeでもお話ししましたが、うちの管理物件の稼働率は好調をキープしており、完成前の新築アパートが全室即申し込みなど、空室率はなんと1.5%です。

インバウンド向けの民泊は相当苦戦しているという話を聞きますが、賃貸住宅の安定感は抜群です。リスクとリターンの関係ですね。

今月空室になった自分の物件も早々に申し込みをもらいました。やっぱり不動産投資っていいよなと改めてしみじみと感じています。

 クリックお願いします!